Lunor FRANCE Lunor ルノア
ルノア
HOME  >  BRANDS  >  Lunor

Lunor A5

細身でありながら堅牢な作りが特徴のA5シリーズ。デザイナーのゲルノット・リンドナー氏が拘ったヒンジのデザインが全体のアクセントになっていて掛ける人に気品を与えます。

Lunor A6

ルノアでしか出会えない秀逸なモデルはクラシカルでいてモダンな雰囲気。他には見られないディテールの美しさ、品質、アンティーク眼鏡のような独特のオーラを放っています。

Lunor V-A

メタルフロントのシンプルでクリーンな印象を残しつつ、アセテートテンプルで印象的な横顔を生み出す美しいデザインは必見

Lunor V

一山式の美しいデザインにチタンパッドを装着することで機能性を融合させた、人気のLunor Vシリーズ

Lunor II J

Lunorのコレクションの中で最も端正なデザインのひとつであるLunor II Jシリーズ。定番のクラシックにはおさまらない抜きん出た個性が生きるLunorらしい逸品。

Swing A

ルノアを代表するモデルで可変式のブリッジが特徴。1910年頃(第一次世界大戦直後)、片目を失った傷痍軍人が近視と老眼を併せ持ったとき、一方に近視補正用レンズを、片方に老眼補正用レンズを組み入れて、反転させて使い分けたというのが成り立ちであると言われている。これを現代に蘇らせたのがSwingであり、可変式のブリッジはどんな鼻の形にもフィットするという特徴をもつ。

Swing

ルノアを代表するモデルで可変式のブリッジが特徴。1910年頃(第一次世界大戦直後)、片目を失った傷痍軍人が近視と老眼を併せ持ったとき、一方に近視補正用レンズを、片方に老眼補正用レンズを組み入れて、反転させて使い分けたというのが成り立ちであると言われている。これを現代に蘇らせたのがSwingであり、可変式のブリッジはどんな鼻の形にもフィットするという特徴をもつ。

Lunor Classic

Lunor A9

ヒンジ金具が新しくなりA9シリーズとして登場

M10

軽量なチタン素材でレンズ周辺に塗装もしくは転写プリントを施した非常に凝った作りのM10シリーズが登場。

PROFILE OF THE BRAND

1992年にドイツ・シュトゥットガルトでスタートしたブランド。
ブランド創設者のゲルノット・リンドナー氏は世界的に名高いアンティーク眼鏡のコレクターであり、アイウェアへの深い造詣と豊富な経験を持ち合わせていた。ルノアは、アンティークデザインの工芸的美しさと現代的な技術を駆使した快適な掛け心地を両立した、新しい形のアンティーク・アイウェアだ。
現在は、チーフ・デザイナーに就任したミハエル・フックス氏がルノアの伝統を引き継いでいる。彼が目指しているのもまた、技術的な進歩を取り入れながらもその時限りの流行には囚われない、堅実な眼鏡づくりである。
25年以上に渡るルノアの歩みの中で、様々なモデルを展開するに至るが、品質への拘りは決して変らない。1本のフレームには200以上の作業工程がある。細部への拘りこそ、ルノアが世界中で愛されている理由と言える。
ルノアの美しいコレクションは、18~20世紀に存在していたアンティーク眼鏡のデザインを尊重しながら、快適な掛心地を追求して生まれた。
ミハエル・フックス / Michael Fux

ミハエル・フックス

Michael Fux

WHERE TO BUY

以下の店舗でLunorを取り扱っております。